大迫力!

会社のプレゼンや自宅でのホームシアターなど。
プロジェクターとスクリーンを使用する機会を幾つか思い浮かべることができると思います。
用意されたものを使用する、というのは簡単ですが、ここでは、用意する側、つまりプレゼン会場を設定したり、自宅にホームシアターを用意したりする人の立場で考えてみたいと思います。

基本的なことですが、プロジェクターとは投影機、スクリーンとは投影機によって映像が映し出される画面の役割を果たすものです。
映画館や、プラネタリウムなどの施設で利用されています。

映像を映し出す、ということで、代表的なテレビと異なる点は、まず部屋を暗くしなければ見ることができない、というものでしょう。
プロジェクターを利用してスクリーンに映像を映し出す場合、ある程度、部屋を暗くしなければ見ることができません。
これはプロジェクターが強い光源となって、映像の元となる画像表示パネルを映し出す、という仕組みであるためです。
プロジェクター以上に強い光源がある場合、映像が阻害され、見えにくくなってしまうのです。

しかし最近では、明るい部屋で見ることもできるよう、仕組みを改善したプロジェクターも登場しているようです。

また、最大の特徴はその大きさでしょう。
昨今、テレビも大画面かが著しいですが、それでもスクリーンには敵いません。
スクリーンは最低でも60インチから、大きなものであれば150インチのものもあります。
テレビ画面は、大きなものでも50インチ前後でしょう。

大きさが断然違うということは、迫力も断然違う、ということです。

what's new

2013/02/27
を更新
2013/02/27
適切な距離を更新
2013/02/27
色々な苦労を更新
2013/02/27
置き場所を更新
2013/02/27
プロジェクターとスクリーンで、映画並の大迫力を!を更新
2013/02/27
ホームページリニューアル